セックスしたいなら女性を楽しませる事を意識する


セックスしたいと思って、セフレを作りたいと思っても、セフレ候補の女性を、自分の単なる性欲の捌け口と思っているような方であれば、残念ながらセフレの関係を築くことは難しいでしょう。

なぜならば、いくらセックスのテクニックに自信があったとしても、セックスをしたいとは思わないものですし、そこに気持ちがなければ、気持ち良いという風にも感じないのが女性というものなのです。

アダルトビデオの男優さんもいきなり現場に入って、セックスをするのではなく、しっかりと撮影前に前室などで、しっかりと女優さんとコミュニケーションを取り、その気にさせるような雰囲気作りをして、撮影に臨んでいるという工夫をするものなのです。

何の苦労もなしに、いきなりセックスを求めて、その関係を築くことは難しいのです。
恋愛関係を築いていたとしても、いつもデートがどちらかの自宅でセックスをするだけという関係では、女性の多くはその関係に疑問や限界を感じることでしょう。

よく恋愛関係に終止符を打たれた理由がまったく分からないといった疑問を抱えている男性を見かけますが、ほとんどの場合には、こういったマンネリデートを繰り返し、パートナーの女性に、所詮は自分はセックスをする時に必要なだけの道具のような存在と思わせてしまっている傾向が強いのです。

セックスしたいだけのセフレの関係というものが前提であっても、一緒にいることで楽しませる気持ちというものを忘れてしまってはならないのです。
これをしっかりと覚えておきましょう。